全国TOP >> 宮城/観光 >> 仙台 >> 定義如来西方寺

定義如来西方寺

facebookでシェア なうで紹介 このエントリーをはてなブックマークに追加

定義如来西方寺とは

定義如来西方寺 観蓮社良念により開基され、阿弥陀如来画像軸を本尊とする寺。境内には五重塔や玉手箱と呼ばれる展示室もある。展示室では宝物も無料展示している。
今週のランキング:7位 エリア:仙台
ジャンル:寺院 /

概要

名称定義如来西方寺
(じょうげにょらいさいほうじ)
営業時間08:00〜17:00
料金参拝は無料
住所宮城県仙台市青葉区大倉上下1
電話番号022-393-2011

アクセス

仙台駅より車で約1時間程度
東北自動車道仙台宮城ICより約45分

仙台で人気のスポット

>>人気スポットの続きを見る

付近のスポット

>>周辺のスポット(地図付き)を詳しく見る

周辺案内

スポンサードリンク
お探しの情報は見つかりましたか?
キーワード検索

お探しの情報に関するキーワードを入力してください。観光スポット・エリア・ホテル・グルメスポットのページから該当する情報を検索します。